カテゴリー
PHP

【PHP】メモ

以外に書く事がなかったので、随時更新する

PHPエラー

FPDIライブラリ

エラー内容

This PDF document probably uses a compression technique which is not supported by the free parser shipped with FPDI. (See https://www.setasign.com/fpdi-pdf-parser for more details)

FPDIライブラリで、テンプレートファイルを使用する際にエラー発生

解決方法

PDFの読み込みを行うFPDIは、有償のパーサーを別途導入しない場合、PDF 1.5以上のファイルをパースすることができません。テンプレートとなるPDFファイルは PDF 1.4以下の圧縮形式で作成する必要があります。

Acrobat Pro DCをダウンロード(7日間無料期間があった)

Acrobat Pro DCをダウンロード

Acrobat Pro DCを起動して「高度な最適化」
サイズが縮小される場合のみ画像を最適化のチェックを外す
テンプレートファイルを入れ替える
カテゴリー
システム開発技術 マイグレーション

【マイグレーション】migration

まったりのんびり、@vVv_kenshi_vVvです!

EC-CUBE4の開発でよく使用するので、記事にしています。

migrationコマンド一覧

ついつい調べてしまう、忘れっぽいあなたに捧げる記事です。

先頭の「php」は、サーバーの設定によってログインユーザーでは権限で弾かれる可能性があるので「php」から実行しています。

全ての実行されていないマイグレーション実行

php bin/console doctrine:migrations:migrate

マイグレーションファイルを指定して実行

php bin/console doctrine:migrations:execute --down 2021XXXXXXXXXX
php bin/console doctrine:migrations:execute --up 2021XXXXXXXXXX

マイグレーションの状態確認

php bin/console doctrine:migrations:status

マイグレーションファイルを作成

php bin/console doctrine:migrations:generate

マイグレーション履歴の削除

php bin/console doctrine:migrations:version 2021XXXXXXXXXX --delete

マイグレーションファイル

コマンドで作成したマイグレーションファイル

<?php declare(strict_types=1);

namespace DoctrineMigrations;

use Doctrine\DBAL\Schema\Schema;
use Doctrine\Migrations\AbstractMigration;

/**
 * Auto-generated Migration: Please modify to your needs!
 */
final class Version20220105152818 extends AbstractMigration
{
    public function up(Schema $schema) : void
    {
        // this up() migration is auto-generated, please modify it to your needs

    }

    public function down(Schema $schema) : void
    {
        // this down() migration is auto-generated, please modify it to your needs

    }
}

定数やDBからデータ取得も可能

サンプルコード:dtb_csvへ項目追加

final class Version2022XXXXXXXXXX extends AbstractMigration
{

    const ENTITY_NAME = 'Eccube\\\Entity\\Product';
    const FIELD_NAME = 'new_column';

    public function up(Schema $schema) : void
    {        
        $this->addSql("INSERT INTO dtb_csv (csv_type_id, creator_id, entity_name, field_name, reference_field_name, disp_name, sort_no, enabled, create_date, update_date, discriminator_type) VALUES ('1', null, 'Eccube\\\Entity\\Product', 'new_column', 'new_column', '新規項目', '10', '1', '2022-01-05 00:00:01', '2022-01-05 00:00:01', 'csv');");
    }

    public function down(Schema $schema) : void
    {
        $_ = function($s){return $s;};

        $targetId = $this->connection->fetchColumn("SELECT id FROM dtb_csv WHERE entity_name = '{$_(self::ENTITY_NAME)}' AND field_name = '{$_(self::FIELD_NAME)}'");

        if (!empty($targetId)) {
            $this->addSql("DELETE FROM dtb_csv WHERE id = $targetId;"); 
        }

   }
}

配列も取得可能

$targetId = $this->connection->fetchColumn(・・・);
↓
$targetId = $this->connection->fetchArray(・・・);
カテゴリー
EC-CUBE

【EC-CUBE4】注文ステータス追加

[temp id=3]

コンビニ支払いのステータス追加

mtb_order_statusのid2が空いているので使用する

DB(テーブル)にデータ追加

  • mtb_order_status:入金待ち追加
  • mtb_order_status_color:入金待ちカラー追加
  • mtb_customer_order_status:入金待ち追加

OrderStatus(Entity)へ定数

本体ソースに追加しするか、継承クラスで定数を追加する

Traitには定数を追加できない。

定数「WAIT_PAYMENT」の追加

<?php
 namespace Customize\Entity;

 use Eccube\Entity\OrderStatus as BaseEntity;

 if (!class_exists('Customize\Entity\OrderStatus')) {

 /** 親クラスの定数宣言を拡張する目的に作成しています */
 class OrderStatus extends BaseEntity {
     /** 入金待ち */
     const WAIT_PAYMENT = 2; }
 }

注文ステータス遷移設定

app/config/packages/order_state_machine.php

編集箇所抜粋

'places' => [
     (string) Status::NEW,
     (string) Status::WAITI_PAYMENT,
     (string) Status::CANCEL,
     (string) Status::IN_PROGRESS,
     (string) Status::DELIVERED,
     (string) Status::PAID,
     (string) Status::PENDING,
     (string) Status::PROCESSING,
     (string) Status::RETURNED,
     (string) Status::CANCEL_ENTRY,
     (string) Status::CANCEL_PROCESSING
 ],

入金待ちから変更できるステータスの追加

※複数の場合は「配列で渡す」

'transitions' => [
    'pay' => [
        'from' => (string) Status::NEW,
        'from' => [(string) Status::NEW, (string) Status::WAIT_PAYMENT],
        'to' => (string) Status::PAID,
    ],
    'packing' => [
        'from' => [(string) Status::NEW, (string) Status::PAID, (string) Status::CANCEL_ENTRY],
        'to' => (string) Status::IN_PROGRESS,
    ],
    'cancel' => [
        'from' => [(string) Status::NEW, (string) Status::IN_PROGRESS, (string) Status::PAID, (string) Status::CANCEL_PROCESSING],
        'to' => (string) Status::CANCEL,
    ],
    'back_to_in_progress' => [
        'from' => (string) Status::CANCEL,
        'to' => (string) Status::IN_PROGRESS,
    ],
    'ship' => [
        'from' => [(string) Status::NEW, (string) Status::PAID, (string) Status::IN_PROGRESS, (string) Status::CANCEL_ENTRY],
        'to' => [(string) Status::DELIVERED],
    ],
    'return' => [
        'from' => (string) Status::DELIVERED,
        'to' => (string) Status::RETURNED,
    ],
    'cancel_return' => [
        'from' => (string) Status::RETURNED,
        'to' => (string) Status::DELIVERED,
    ],
    'cancel_entry' => [
        'from' => [(string) Status::NEW, (string) Status::IN_PROGRESS, (string) Status::PAID, (string) Status::DELIVERED, (string) Status::CANCEL_PROCESSING, (string) Status::WAIT_PAYMENT],
        'to' => (string) Status::CANCEL_ENTRY,
    ],
    'cancel_processing' => [
        'from' => (string) Status::CANCEL_ENTRY,
        'to' => (string) Status::CANCEL_PROCESSING,
    ],
],

OrderStateMachineでステータス変更処理

キャンセルの場合は、在庫やポイントを戻してくれる

$this->orderStateMachine->apply($Order, $changeStatus);

OrderStateMachineでステータスの処理を追加

在庫を戻したり、ポイントの減算処理も追加できる

    public static function getSubscribedEvents()
    {
        return [
            'workflow.order.completed' => ['onCompleted'],
            'workflow.order.transition.pay' => ['updatePaymentDate'],
            'workflow.order.transition.cancel' => [['rollbackStock'], ['rollbackUsePoint']],
            'workflow.order.transition.back_to_in_progress' => [['commitStock'], ['commitUsePoint']],
            'workflow.order.transition.ship' => [['commitAddPoint']],
            'workflow.order.transition.return' => [['rollbackUsePoint'], ['rollbackAddPoint']],
            'workflow.order.transition.cancel_return' => [['commitUsePoint'], ['commitAddPoint']],
            // 処理が必要であればここで定義
            // 'workflow.order.transition.cancel_entry' => [],
            // 'workflow.order.transition.cancel_processing' => [],
        ];
    }

決済処理中について

EC-CUBE4では、「決済処理中」ステータスがあり在庫を確保している状態です。

決済途中などで、エラーやサイトを閉じたりして発生しずっと受注が残るので、キャンセルして在庫の調整が必要になる。

カテゴリー
EC-CUBE

【EC-CUBE4】エラーリスト

エラーの解決方法をメモする。

ローカル環境構築関連

WARNING [cache] Failed to save key

事象1:DockerでカスタマイズしたCommand実行で発生した

事象2:AWSとソニーペイメントプラグインを使用していて、cron実行で発生した

原因:AWSのELBを挟んだ場合、REMOTE_ADDRで正しいIPが取得できない

プロジェクト名/app/Plugin/SlnPayment4/Service/Utill.php

修正前ソース

    public function GetLogInfo()
    {        
        $msg = '[{' . $_SERVER['SCRIPT_NAME'] . '}';
        
        $msg .= 'from {' . $_SERVER['REMOTE_ADDR'] . "}\n";
         ・
         ・
         ・

修正後ソース

    public function GetLogInfo()
    {        
        $msg = '[{' . $_SERVER['SCRIPT_NAME'] . '}';

        if(isset($_SERVER['REMOTE_ADDR'])){
            $msg .= 'from {' . $_SERVER['REMOTE_ADDR'] . "}\n";
        } elseif (isset($_SERVER['HTTP_X_FORWARDED_FOR'])) {
            // aws_cron対応
            $msg .= 'from {' . $_SERVER['HTTP_X_FORWARDED_FOR'] . "}\n";
        } else {
            // ローカル対応
            $msg .= 'from {' . '['.'localhost'.']' ."\t" . "}\n";
        }

ELB + K8S環境でingress-nginxを通した場合

$_SERVER['HTTP_X_ORIGINAL_FORWARDED_FOR']

参考サイト:https://uiuifree.com/blog/develop/php-elb-ip-address/

No composer.json present in the current directory, this may be the cause of the following exception.

事象:「docker-compose up -d」コマンド実行で発生

原因:composerのバージョンが対応していないのでエラーみたいです。

ファイル名:プロジェクト名/Dockerfile

修正後ソース

RUN curl -sS https://getcomposer.org/installer \
  | php \
  && mv composer.phar /usr/bin/composer \
  && composer selfupdate --1 \ ←これ!!!
  && composer config -g repos.packagist composer https://packagist.jp \
  && composer global require hirak/prestissimo \
  && chown www-data:www-data /var/www \
  && mkdir -p ${APACHE_DOCUMENT_ROOT}/var \
  && chown -R www-data:www-data ${APACHE_DOCUMENT_ROOT} \
  && find ${APACHE_DOCUMENT_ROOT} -type d -print0 \
  | xargs -0 chmod g+s \
  ;

Unable to replace alias “session.handler” with actual definition “session.handler.memcached”

事象:サーバーからPULLしたソースでローカル環境構築

原因:handler_idの設定値が正しくない(古い?)

ファイル名:プロジェクト名/app/config/eccube/packages/framework.yaml

修正後ファイル

framework:
    secret: '%env(ECCUBE_AUTH_MAGIC)%'
    default_locale: '%locale%'
    translator:
      fallback: ['%locale%']
    csrf_protection: { enabled: true }
    http_method_override: true
    trusted_hosts: ~
    # https://symfony.com/doc/current/reference/configuration/framework.html#handler-id
    session:
        # ↓ handler_id: session.handler.memcached ↓
        handler_id: 'Eccube\Session\Storage\Handler\SameSiteNoneCompatSessionHandler'
        save_path: '%kernel.project_dir%/var/sessions/%kernel.environment%'
        name: '%env(ECCUBE_COOKIE_NAME)%'
        cookie_lifetime: '%env(ECCUBE_COOKIE_LIFETIME)%'
        gc_maxlifetime: '%env(ECCUBE_GC_MAXLIFETIME)%'
        cookie_httponly: true

You have requested a non-existent parameter “kernel.secret”. Did you mean this: “kernel.charset”?

事象:サーバーからプルしたものをローカルで立ち上げようとしたら、発生したエラー

原因:パラメータが定義されているframework.yamlファイルがない

ファイル名:プロジェクト名/app/config/eccube/packages/framework.yaml

作成ファイル

framework:
    secret: '%env(ECCUBE_AUTH_MAGIC)%'
    default_locale: '%locale%'
    translator:
      fallback: ['%locale%']
    csrf_protection: { enabled: true }
    http_method_override: true
    trusted_hosts: ~
    # https://symfony.com/doc/current/reference/configuration/framework.html#handler-id
    session:
        handler_id: 'Eccube\Session\Storage\Handler\SameSiteNoneCompatSessionHandler'
        save_path: '%kernel.project_dir%/var/sessions/%kernel.environment%'
        name: '%env(ECCUBE_COOKIE_NAME)%'
        cookie_lifetime: '%env(ECCUBE_COOKIE_LIFETIME)%'
        gc_maxlifetime: '%env(ECCUBE_GC_MAXLIFETIME)%'
        cookie_httponly: true

    # When using the HTTP Cache, ESI allows to render page fragments separately
    # and with different cache configurations for each fragment
    # https://symfony.com/doc/current/book/http_cache.html#edge-side-includes
    esi: { enabled: true }
    fragments: { enabled: true }
    php_errors:
        log: true
    assets:
      base_path: '/html/template/%eccube.theme%'
      packages:
        admin:
          base_path: '/html/template/admin'
        save_image:
          base_path: '/html/upload/save_image'
        plugin:
          base_path: '/html/plugin'
        install:
          base_path: '/html/template/install'
        temp_image:
          base_path: '/html/upload/temp_image'
        user_data:
          base_path: '/html/user_data'
        # json_manifest_path: '%kernel.project_dir%/public/build/manifest.json'
    cache:
        # this value is used as part of the "namespace" generated for the cache item keys
        # to avoid collisions when multiple apps share the same cache backend (e.g. a Redis server)
        # See https://symfony.com/doc/current/reference/configuration/framework.html#prefix-seed
        prefix_seed: ec-cube
    # The 'ide' option turns all of the file paths in an exception page
    # into clickable links that open the given file using your favorite IDE.
    # When 'ide' is set to null the file is opened in your web browser.
    # See https://symfony.com/doc/current/reference/configuration/framework.html#ide
    ide: ~
    validation: { enable_annotations: true }
    templating: { engines: ['twig'] }

参考サイト

https://github.com/EC-CUBE/ec-cube/blob/4.0.5/app/config/eccube/packages/framework.yaml#L2

Place “2” is not valid for workflow “order”.

事象:注文ステータス追加で発生

原因:ステータス繊維の制御設定が必要

ファイル名:プロジェクト名/app/config/packages/order_state_machine.php

カテゴリー
EC-CUBE

【EC-CUBE4】SQL

便利そうなSQLをメモしていこうと思います。

調査ようSQL

共通テンプレート適用

layout_idがないデータは、dtb_page_layoutで設定して確認

USE eccubedb;
SELECT 
 P.id page_id
 ,PL.layout_id
 ,L.layout_name
 ,P.page_name
 ,P.file_name
FROM  dtb_page P
LEFT JOIN dtb_page_layout PL ON P.id = PL.page_id
LEFT JOIN dtb_layout L ON PL.layout_id = L.id;

データ削除

注文データ関連削除SQL

実際に削除する際は、バックアップ取るなど必ず確認して下さい!

USE eccubedb;
SET FOREIGN_KEY_CHECKS = 0;
TRUNCATE TABLE dtb_cart;
TRUNCATE TABLE dtb_cart_item;
TRUNCATE TABLE dtb_order;
TRUNCATE TABLE dtb_order_item;
TRUNCATE TABLE dtb_shipping;
-- ソニーペイメント
TRUNCATE TABLE plg_sln_order_payment_history;
TRUNCATE TABLE plg_sln_order_payment_status;
-- ソニーペイメント定期購入
TRUNCATE TABLE plg_sln_regular_order;
TRUNCATE TABLE plg_sln_regular_order_item;
TRUNCATE TABLE plg_sln_regular_shipping;
TRUNCATE TABLE plg_sln_regular_order_to_order;
SET FOREIGN_KEY_CHECKS = 1;

外部キー制約の無効化, 有効化

関連するデータがある場合は、削除する順序が正しくない場合はエラーになるので、こちらを入れてます。

SET FOREIGN_KEY_CHECKS = 0;
SET FOREIGN_KEY_CHECKS = 1;
カテゴリー
EC-CUBE

【EC-CUBE4】リポジトリー:Repository

[temp id=3]

ドキュメント読んで、手順通りに学んだわけではないので参考程度に見てください。

Repository拡張方法

基本的に本体のソースはアップデートで変更になり可能性があるので、拡張して使用するのが安全です。

新規Repositoryファイルを作成

ファイル保存場所:Customize\Repository\ProductRepository.php

・Repositoryファイル「ProductRepository.php」を作成

<?php

namespace Customize\Repository;

use Eccube\Repository\ProductRepository as BaseProductRepository;

class ProductRepository extends BaseProductRepository
{
    /**
     * 新規メソッドの作成
     *
     * @param null|array $ProductStatus 指定の商品ステータス
     *
     * @return Products[] 商品の配列の配列
     */
    public function getProductList($ProductStatus = null)
    {
        $qb = $this->createQueryBuilder('p');

        if ($ProductStatus) {
            $qb
                ->andWhere($qb->expr()->in('p.Status', ':Status'))
                ->setParameter('Status', $ProductStatus);
        }

        $Products = $qb->getQuery()->getResult();

        return $Products;
    }

}

・拡張するRepositoryをuse(読込み)

・extendsで拡張

本体Repositoryの拡張

・メソッド毎コピー

・必要ファイルの読込み&construct定義

設定ファイルに定義

設定ファイル:app/config/eccube/services.yaml

・新規Repositoryファイル「ProductRepository.php」を作成

・拡張するRepositoryを定義する

services:
     ・
     ・
     ・
    Customize\Repository\ProductRepository:
        decorates: Eccube\Repository\ProductRepository

データの更新がうまくいかない

カスタマイズ案件で「dtb_cart」「dtb_cart_item」に似たテーブルを作った時の事。

登録直後の「cart_item」が表示されない挙動になった。

・F5で更新すれば表示される

・DBには「cart」「cart_item」が登録されている

結論を言うとcartクラスを更新すれば問題なし!!

$this->entityManager->refresh($cart)

登録の流れ

cart登録

cart_item登録

cart_item登録後なのでcartに紐づいていないcart_itemがデータになっている。

cart情報を取得しなおせば解決

カテゴリー
EC-CUBE

【EC-CUBE4】エンティティ:Entity

私のControllerの拡張方法を説明していきます。

ドキュメント読んで、手順通りに学んだわけではないので参考程度に見てください。

しっかり学びたい人は、Doctrineのドキュメントをお読みください。

Entityの定義

商品クラスで説明

テーブル定義

    /**
     * Product
     * ↓ これがないとクラス名でテーブルが作成される
     * @ORM\Table(name="dtb_product")
     * ↓ クラス階層ごとに1つのテーブルを作成します
     * @ORM\InheritanceType("SINGLE_TABLE")
     * ↓ テーブルの識別用カラム
     * @ORM\DiscriminatorColumn(name="discriminator_type", type="string", length=255)
     * ↓ サービスの依存関係がないならコールバックの設定をした方が良いとのこと
     * @ORM\HasLifecycleCallbacks()
     * ↓ Repositoryの読込み設定
     * @ORM\Entity(repositoryClass="Eccube\Repository\ProductRepository")
     */
    class Product extends \Eccube\Entity\AbstractEntity

項目定義

         * @ORM\Column(name="id", type="integer", options={"unsigned":true})
         * @ORM\Column(name="name", type="string", length=255)
         * @ORM\Column(name="create_date", type="datetimetz")
         * @ORM\Id
         * @ORM\GeneratedValue(strategy="IDENTITY")
         * @ORM\OneToMany(targetEntity="Eccube\Entity\ProductImage", mappedBy="Product", cascade={"remove"})
         * @ORM\ManyToOne(targetEntity="Eccube\Entity\Member")
         * @ORM\JoinColumns({
         *   @ORM\JoinColumn(name="creator_id", referencedColumnName="id")
         * })

データ登録の流れ

  1. 登録対象Entityの取得 $Product = new Product
  2. $Product->setName = ‘テスト商品’
  3. 永続化登録設定 $this->entityManager->persist($Product)
  4. 登録処理 $this->entityManager->flush($Product)

実際のDBへ登録されるタイミングは、テンプレートに行ってからとか!?
どこかのサイトに書いてあった。

なので実際は登録される前の、Entityのオブジェクトからリスト取得など行ったりしているんじゃないかな٩(•̤̀ᵕ•̤́๑)

リレーションについて

初期表示データ取得できない

カスタマイズ中に発生した問題です。

EC-CUBE4は基本的にDoctrineを使用しています。

データベースをオブジェクト化した物で、都度データベースにアクセスしないでデータの取得や加工が行えます。

なぜこの状態になったか?

取得できなかったデータ
※わかりやすくEC-CUBEデフォルトのテーブルで説明します。

要件:カートの情報をデータ登録直後に一覧ページに表示したい。

関連するテーブルは、dtb_cartとdtb_cart_itemの2種類です。

パターン1

  1. dtb_cartへEntityで登録+永続化+フラッシュ
  2. dtb_cart_itemへEntityで登録+永続化+フラッシュ
  3. findByでリスト取得して、テンプレートへ

パターン2

  1. dtb_cartへEntityで登録+永続化+フラッシュ
  2. dtb_cart_itemへEntityで登録+永続化+フラッシュ
  3. テンプレートでfindByしてリスト取得

上記でうまくいかなかったです。

結局なんだったかと言うと、

リレーションが貼ってあるので、cart→cart_itemの順で登録

cartは最新の登録データは持っているが、紐づくcart_itemは後から登録されるので

cartのEntityに、cart_itemの最新情報が紐づいていない状態

cartのEntityを更新する

$this->entityManager->refresh(XXX);
XXXは、更新するEntityオブジェクト 

$this->entityManager->refresh($cart);

これで解決!

カテゴリー
EC-CUBE

【EC-CUBE4】コントローラー:Controller

[temp id=3]

私のControllerの拡張方法を説明していきます。

ドキュメント読んで、手順通りに学んだわけではないので参考程度に見てください。

しっかり学びたい人は、Symfonyのドキュメントをお読みください。

https://symfony.com/doc/current/controller.html

簡単なControllerのカスタマイズ

ここで説明する情報は既存機能のカスタマイズです。

本体フォルダ→拡張フォルダを見に行きRouteが同一の場合上書きされる性質をもつ

新規のControllerを作成する際は、既存で使用されていないか必ず確認してください。

会員登録や商品詳細をカスタマイズしたいなどで応用できます。

Controllerのカスタマイズが必要か確認

大規模か改修の際は必要

一覧画面:テーブルに追加した項目のみの処理は不要

データ取得は、EntityTrait

表示は、twig

バリデーションは、Form

Controllerのカスタマイズ手順

今回は、会員登録「EntryController」を例に解説していきます。

重要パス
  1. 拡張フォルダ:プロジェクト名/app/Customize/Controller/
  2. 本体フォルダ:プロジェクト名/src/Eccube/Controller/
  1. EntryController.phpをコピーし拡張フォルダへ保存
  2. ファイル名変更CustomEntryController.php
  3. 拡張ファイルへ変更

3について、

  1. namespaceの変更
  2. useでAbstractControllerの読込み
 namespace Customize\Controller;

 use Eccube\Controller\AbstractController;

 class CustomEntryController extends AbstractController
 {

 }

確認方法

デバックするだけです。

    /**
     * 会員登録画面.
     *
     * @Route("/entry", name="entry")
     * @Template("Entry/index.twig")
     */
    public function index(Request $request)
    {
        dump('通過確認');
        exit;

スピード重視型

デフォルトController全てコピー

既存メソッドを改修

新規メソッド追加

追加スタマイズの可能性もあるので、この方が楽

綺麗さ重視型

不要な読込みファイルの削除

不要なメソッドの削除

カテゴリー
Git

【Git】デプロイ方法

こんにちは!

現在EC-CUBE4のカスタマイズ案件やっている、@vVv_kenshi_vVvです!

GitHubからXserverへデプロイ

条件:SSHでXserverへログイン出来る事
   GitHubにソースが存在している事

SSH設定もありますので、未設定の際は確認ください↓

最初にやる事

Gitはデフォルトで入っていると思う!

Gitユーザーの作成

ユーザーはないので作成しましょう。

git config --global user.name "kenshi"
git config --global user.email "kenshi+01@gmail.com"

Gitのリポジトリ初期化

プロジェクトをいれるディレクトリ作成
cdコマンドで移動

初期化コマンド

git init

デプロイする(Pull)

GitHubからPullする

git pull https://github.com/newProject.git

vender以下へライブラリのインストール

composerはデフォルトで入っている

composer install

.envがなければ、環境に合わせて設定ファイルの作成

以降のデプロイ作業

ブランチ確認

git branch

変更ファイルの確認:更新に関係ないファイルは問題なし

git log

差分取得

git fetch origin master

更新するファイルの確認

git diff --name-only コミット番号..コミット番号

プル

git pull origin master

キャッシュクリア:EC-CUBE4

php bon/console c:c --no-warmup
カテゴリー
システム開発技術

【cron】定期実行, 自動化

編集

crontab -e

一覧

crontab -l

cronの実行結果
エラーや出力

cat /var/mail/ユーザー名